正しく予防をして、感染症対策をしましょう! 〜手洗い編〜

こんにちは (*^^*)

今回は、正しい感染症予防対策をご紹介していきます!

風邪やインフルエンザなど、病気を引き起こす感染症の多くの原因は
“手”を介して体内に侵入する可能性が高いと言われています。

ウイルスは、ドアノブや電車のつり革など、様々な場所に付着しています。

そのような場所を触った手で、自分の眼や鼻、口を触ったり、食事をしたりすることで
ウイルスが体内に侵入してくるのです。

だからこそ、様々な感染症から身を守るためには、
手からの侵入を遮断する『手洗い』がとても大切になります!

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事の前など、こまめに手を洗いましょう!!

そして、手洗い前には下記項目も忘れずに ☆

・時計や指輪を外す
・爪は短く切っておく

◆ 正しい手の洗い方

①流水で手をよく濡らした後、石けんをつけて手のひらをよくこする
②手の甲をのばすようにこする
③指先・爪の間を念入りにこする
④指の間を洗う
⑤親指と手のひらをねじり洗いする
⑥手首も忘れず洗う

石けんで洗い終わったら、十分に水で流し
清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かしましょう!

適当にせず、丁寧に行うことが習慣にしていく上で大事な要素です。

しっかりと手洗いをして、健康に毎日を過ごしましょう\(^o^)/♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。